Giggle Game 制作ブログ

お知らせや独り言などを書き残します

アリスの娘 アンケートへの返信・4

第4回クリア後アンケートで頂いたコメントに
勝手に返信させて頂く記事……の前に、お知らせです!

●【アリスの娘】近日中にVerUPします!主な内容は
  ・足音の変更
  ・ミニゲームの制限時間調整

  ……です。他にも多数変更点がありますので詳細は後日!
●VerUPと同時に(個人的に嬉しい)告知があります
 その際は是非拡散にご協力をお願い致します…!



では、記事の本題に入ります。

第1回はこちら ・ 第2回はこちら・ 第3回はこちら

ネタバレを含む内容になりますので
閲覧時はご注意下さい







RPGツクールのゲームを始めてスマホでプレイしたのですが操作性なども良かったです
   ありがとうございます! 私自身、スマホでプレイ出来る
   ゲームの製作は初めてで不安も多かったのですが
   そう言って頂けると嬉しい限りです。


今回のアリスの娘は自分的には恐怖感がちょっと足りなかったかなと思いました
   恐らく自身の作品の中で一番ホラー要素を控えた作品でした……
   意図的にそのようにしていたのですが控えすぎた気もしているので
   次回作『私はここにいます』を是非プレイして頂けたら!と思います(宣伝)


ドット絵の表現がすごく好きです(中略)
薬をチェシャ猫が無理やり飲ませるシーンなど
選択肢によってアニメーションが入るのも素敵だと思います

   ドット絵は本作で力を入れた点でしたので
   めっちゃ嬉しいです。ありがとうございます!


1周目ではなんのこっちゃと思った端々の台詞や状況が、
2周目やACT10以降の真実を見る事で、ああそういう事だったのか……
と理解できていく感覚が、何度もいい意味でぞっとしました。

   本作が目指した部分がきちんと伝えられて、
   楽しんで頂けたようでとても嬉しく思います。
   ありがとうございます!


彼ら(チェシャ猫や三月うさぎ)は
アリスの世界のキャラに扮してるだけで、
それぞれ独立した悪魔仲間? なのでしょうか。

   現在製作中の『白うさぎと時間の部屋』というゲームで
   答えが分かる(はず)なので、良かったら
   是非プレイをお願いします……!(宣伝)


個人的に、チェシャ猫が好きでした(中略)
「バカな娘だ」というセリフが特に好きでした

   チェシャ猫の発言・言動は支離滅裂のようでいて
   彼の中では一本筋の通ったものがあるため
   そう言って頂けるととても嬉しく思います……!
   

コマンド入力操作が新しく、
ゲームオーバーになってもリトライしやすくてよかったです。

   スマホ対応という前提があったため
   複雑すぎず簡単すぎないシステムを…と考え
   悩んだ末のコマンド入力だったのですが、
   ストレス無くプレイして頂けたのでしたら何よりでした


初回でハードモードでプレイした私も悪かったのですが、
特典にオマケありとの表示につられちゃいました。
結果として一番最後のハッターとイザヤの
連打入力がクリアできませんでした。

   「限定特典があると分かれば最初からハードで
   プレイしたのに!」というお声にお応えして
   後で追加した表記でしたが、逆効果になってしまい
   申し訳ありませんでした…次回更新で削除いたします


進めば進む程真実に近づていて、真エンドに終わらせた時は
また違う思うが生まれていく凄く良かったです。

   奇を衒ったようなものという意味ではなく、
   良い意味で予想を覆すような展開や結末になれば
   と思い、よくあるありきたりな題材を自分なりに料理する
   というのを意識しているので、そう感じて頂けたというのは
   私にとっては最上の褒め言葉です。ありがとうございます!


(広告が)ミニゲーム直前のセーブ画面を消した後に出るならともかく
セーブ前に出るんだから操作の邪魔にならないじゃないですか。
出さないようにする事も出来ますし。

   こちらのコメントを頂いてから確認したところ、
   どうやらAndApp様側で仕様が変更されているようです。
   以前はまさしく「セーブ→広告が出る→既にミニゲーム始まっている」
   という状況になっており苦情も多く頂いておりました
   一作者としては対応できない部分でしたので喜ばしいです


真エンドへの条件が首吊りなのは史実だからなのかとか
芋虫がイケメンなのはリアルのハッタ―がイケメンだからなのか
とか色々考えてます。

   ダリルの首吊りが史実だから、というのもありますが
   主人公であるアリシアも「殺されることではなく自死を選んだ」
   という経験をプレイヤーさん自身で選択し、体験して欲しかった
   というところの方が大きかったりします
   芋虫は……ご想像にお任せします……笑。

スポンサーサイト