Giggle Game 制作ブログ

お知らせや独り言などを書き残します

アリスの娘 アンケートへの返信

現在ブラウザで配信中の『アリスの娘』について
クリア後アンケートの実施をしております

こちらにお寄せ頂いたお声に、
作者が勝手に返信して行くコーナーです

回答者様だけでなく、クリア済の方に楽しんで頂けるよう
書いていこうと思いますので、良かったらご覧下さい……!
(ネタバレ満載ですので未クリアの方はご注意下さい)



良かった点
謎解きの難解さが無いのでサクサク。ストーリーを一気に読み進められる。
ドットアニメーションが良い。
気になった点
周回プレイでENTERおしっぱだと、Actの幕間セーブ時に上書きされてしまう

キャラクター操作ゲームとしての自由度も持たせつつ、
ノベルゲームのように読み勧められるような手軽さを実現したい
と思っておりましたので嬉しいです。決定キー押しっぱなしで
セーブになってしまう点については改善したいと思いつつ、
毎回「セーブしますか?」と挟んでしまうと冗長のようにも感じられて
まだ解決策が見つかっていない状態です……申し訳ありません。


ハートの女王陛下に誘惑されたい!!
ありがとうございます。
ドット絵ですと伝わりませんが、
外見年齢は20代後半くらいのイメージです。
あの世界に明確な年齢の概念があるか分からないのですが、
本人曰く「若妻」なので、女王にしては結構若いのだと思います。


気になった点というと、禁断の愛関係です
最近そういうのも寛容になってきましたし別に性的表現が
含まれているわけでもないですが苦手な人は苦手なのでは、と
またそれほど愛したはずなのにあっさりアリシアのことも愛しているのが謎でした

近親相姦に関しては思想的な問題だけではないため
肯定的な描写だけをするのも違うだろうと思い悩んだところではあるのですが、
本作の主題ではないこと、直接的な性描写などを含まないことから
注意書きなどはしておりませんでした。親子愛に関しても人それぞれ
考え方や感じ方はおありかと思うのですが、私は血のつながりがあろうとなかろうと
小さな子供に頼られると、愛情が湧いてくるのが大人の情というものではないかと
考えており、ガッドもそのように感じたという描写をしました。
もともと小児愛と取れるような描写を含むため、誤解を生んでしまったのは
私の表現力不足です、申し訳ありません…………


エンド回収のしやすさや攻略のしやすさなど、
よりプレーヤーのことを考えてくださったつくりになっていると感じました
またビジュアルの面はこれまでで一番です(中略)
ユーザーのことを考えてくださるのは大変ありがたいので、
わかりやすいゲーム構造はそのままに、プレーヤーの意志で横道にそれたりできたら
もっと楽しいですしもう一度プレイしてみたくなると思います
もっとあの綺麗なマップを散策してみたいです

お褒め頂き大変嬉しいです!!ありがとうございます。
プレイヤーさんが横道にそれればそれるだけ、遊べる要素を
作ることも可能ではあったのですが(そういう構想もあったのですが)
制作期間の問題などでかなり割愛した部分が多く、自由度の面では
ご満足いただけなかったのは作者としても申し訳なく思っています。
諸事情で今後の大幅なアップデートが可能かどうか分からないのですが、
ご要望が多ければ、ただ歩くだけでなく、もっと自由に遊んで頂ける作品に
なるかもしれません。是非周りの方に宣伝して頂いて、
ご要望を私やAndApp様に送って頂ければと思います……!!


気になった点→(セーブしすぎる癖があり)セーブ20個は少し足りなく感じた。
イージー・ノーマル・ハードの違いが、あまり分からなかった(連打を除き)。

確かに20個では少なかったかと後になって思いました……申し訳ありません。
今後の更新で、増やせるだけ増やしたいなと思っております。
難易度については、
・英単語のコマンド入力→入力時間が変化する
・謎解き→ヒントの内容が変わる
・連打ミニゲーム→連打回数が変わる
という具合で調整しております。変化の幅がもう少し広くても
良かったでしょうか……検討いたします。


白うさぎは最初、悪魔側かと思った。
ケイト・ダリルの前に姿を見せるタイミングは効果的なミスリード。
正体を知ってからは、その健気さにやられた。『白うさぎ』と『時間』という
組み合わせを連想する名前が素敵だと思った。
(クリア特典の)白うさぎと時間については、
婚姻後の話を見てみたいと思わせる、余韻のあるエピソードだった。

白うさぎの登場シーンや表現方法には非常に悩んだところでしたので、
効果的と感じて頂けてとても嬉しく思います……!
ドット絵なので伝わりづらいのですが、白うさぎは表情が無く
言葉も淡々としていて感情が相手に伝わりづらい少女です。
純粋さ、健気さゆえにアリシアを思いやる気持ちさえも届けられない
不器用さを感じて頂けたなら幸いです。白うさぎと時間の関係も
もう少し深く描写したかったな…と私も思っています。


(印象に残っているシーンについて)
まさか刺すとあんな事になるなんて…(´・_・`)
(しかもなんかあのエンドだけ自分が悪魔の花嫁だって自覚してそうな…
と言うかヤンデレ?な感じでっ((((;゜Д゜)))))

仰るとおり、END2については他ENDと違い
アリシアが全ての事実を自覚しているという設定になっています。
あそこで終わっていれば、それはそれで
ホラーゲームの結末らしいかなと思わなくも無いのですが
分岐のひとつとしてご用意させて頂きました……!


横スク最高でしたっ!!(見下ろし型とはまた別の魅力というか
なんと言うか…良い(´∀`*)) 気になった点は
ほんのちょっとだけ移動速度が遅かったかな~?とかですかねぇ?

横スク良いですね……!内部事情的なことを言うと
歩行設定がちょっと手間だったりするのですが(笑、
自分も横スク大好きなのでまたやりたいなと思っています……!
ダッシュの表記漏れは本当に申し訳ありませんでした……


私は氷の世界とベルとお菓子の家の二作品を実況の方で見ていました。
その二つから、今回もキャラの関係性や意外性に驚くことがあるんだろう
と思っていたのですが、案の定そうでとても嬉しい気持ちになりました。

結末まで読めてしまう物語でも魅力的なものは沢山ありますが、
自分は出来るだけ、ページをめくるたびに驚きがあるような、
真相を知ってからまた1からやり直すと新しい発見があるような、
そんな作品を作りたいと思って制作しておりますので、
そう言って頂けると本当に感無量です。有り難いです。


今回のようにあえて立ち絵をなくして、ほとんどドット絵で表現されているところも、
各々で色んな捉え方や妄想ができて良かったと思います。
あとドット絵がすごく細かく動くのでそれにも感動しました。

顔グラフィックや立ち絵、スチルで表現をすることは
前作まででかなり試行したので、今回はドット絵での表現で
どこまで伝えられるのか……に挑戦しました。
自分はSFCやFC時代のドット絵ゲームが好きでしたので
そういったものへのリスペクトも込めておりました。
楽しんで頂けたのでしたら何よりです……!


不思議の国のアリスというありがちなテーマなのに、
新しくて意外な物語の展開にも引き込まれました!
物語の真実に近づくにつれ、「なるほどこうきたか!」
と驚く場面がたくさんありました。欲を言えば、
イザヤとアリシアの最初の物語がもう少しあれば
二人の関係にももう少し入り込めたかなという気がします。

人気ゆえにもう使われすぎていると思うほど
アリスモチーフの作品は世に多くありますので、
アリスの世界をいかに自分の中に取り込めるか
悩んだところでもありました……ので、楽しんで頂けて
良かったです! アリシアとイザヤのエピソードは
もっと作りたかったですね……色々と力不足でした。


ザンがお昼寝をするアリシアの頭を撫でようとして
やめた表現は最高に切ないと思いました。

ドット絵が小さいので気づいて頂けるかどうかと思っていたところでしたので
印象に残っているシーンに挙げて頂けて嬉しいです……!


話に伏線がしっかり張ってあり、深みのあるストーリーを楽しめた。
また、全員が幸せになる終わり方ではないが、
愛されることの幸せさを感じさせる作品でした。

ありがとうございます。ゲーム性の面では技術的に及ばず
あまり複雑なことが出来なかったのですが、
ストーリーをしっかり楽しんで頂けたのであれば幸いでした……


イザヤが鶏に対し「ご馳走様」と言うシーン、事故後
イザヤという人物が初めてハッキリ見えた場面だったので、非常に印象深いです。

Act.0でイザヤって一体何なの?と思ったプレイヤーさんに対し
解を示す必要があるAct.10では彼の心理描写をかなり意識したところでしたので
印象深いと言っていただけてほっとしました。ありがとうございます。
口は悪いけど心優しい、どこにでもいる普通の男の子、そんなイメージです。


(他作品と比べて、良かった点について)
ツクールMV特有の高解像度の綺麗なグラフィック
BGMのチョイス、シーンごとのBGM、SEの使い方、映像や音の演出

大画面にも堪え得る高解像度はMVならではですよね……!
自分でも製作しながら楽しかったので、良かったと思って頂けて嬉しいです。
演出面もかなりこだわっている点ですので、とても有り難いです。


ザンが思いの外出てこなかったw
イザヤとアリシアの最後のシーンで泣きました

『アリスの娘』には当初イザヤというキャラクターは存在せず
ザンが第2の主人公ポジションにいたのですが、
色々あって今回のような扱いになってしまいました……。
作者的に好きなキャラクターでもあったので、
もう少し活躍しても良かったのかなとも思います
最後のシーン、感情に訴えかけられるものがあったなら、幸いです


もっと驚かし要素あって欲しかったです!
本作においては脅かし要素はあえて除外したところが
あったのですが、やはりフリーホラーゲームというと
脅かしを期待される方も多いですよね……検討いたします


悪魔の花嫁の童話が、まさか伏線になっているとは……
不思議の国のアリスを主軸にしつつ、
別の童話も題材にしているというのは
よく考えるとあまり無いのかもしれませんね……
昔読んだ童話の中で非常に印象的なお話だったので、
いつか題材にしたいと思っていたものでした。


キャラクター全員が
「自分は愛すること、愛されることがあっては罪なのではないか」
という意識に囚われていて、それに対して
各々の見識を持っていることがとても興味深かったです。

多人数を操作キャラクターに置くことで、
本作ではかなり多面的に表現ができたのではないかと
思っています。興味深く感じて頂けて何よりです…!


(クリア特典について)個人的に、作者様からの
このゲームの誕生秘話みたいなものがあるともっといいかなと思いました。

ありがとうございます……!ゲーム中に
作者という存在を匂わすことを嫌悪される方も少なくないため、
今回は意図的に作者コメントは無しにしました。
またどこかでお話できる機会があればいいなと思います。


基本的にガッドが出てきているシーンが印象的でした。
あまりガッドについては言及される方がいらっしゃらなかったので
こちらの回答が逆に印象的です……!


マップやキャラなど一つ一つがお洒落で素敵でした。
マップについてはもっともっと
出来たのではないかと思って居るのですが、
諸事情でこれ以上のものが出来なかったのですが……
お気に召されたのであれば幸いです。


メルヘンなホラーかと思っていたんですが、いい意味で裏切られました!
とても素晴らしくて怖い(私から拝見して)サイコホラーな作品だなと思いました。

ありがとうございます。心理的な恐怖を描く……という意味で
サイコホラーという表現は正確だと思います。なんとなく、
サイコホラーゲームですという宣伝の仕方は
違う気がして自分から言ったりはしていないのですが……!


マッドハッターが出てくるシーン、全て印象に残っています。只ただ怖かったです。
ちょっとコミカルになりすぎたかと思っていたのですが、
怖いというお声もいただけていてほっとしております……
マッドハッターは一切言葉を話すことなく、感情表現をしないことで
人間味の無い恐怖の対象として感じて頂けたら……
と思って作りました。怖がっていただけたなら何よりです。


ザンが腕、足を切られて飾られてるシーン
とても胸が締め付けられる気持ちになり泣きそうになりました
悲しいシーンですが、これが一番印象に残っているシーンですね

本作には当初イザヤというキャラクターが存在せず、
ここがクライマックスにあたる場面になる予定でした。
実際に、アリシアにとって一番ショッキングな光景で
プレイヤーさんにもそう感じて頂けたらと思い
スチルありでの描写をしました。印象付けることが出来たなら、何よりです。


last actでまたイザヤが出てくるとは思いませんでした。
イザヤの本名が気になります。

HAPPY ENDでプレイを終えられてしまうと分からない
イザヤの正体が明らかになるAct.10以降、
プレイして頂けて嬉しく思います。
彼の本名については作中に出てきませんが
仁(ジン)と言います。Act.10以降は
「JIN」という表記にすることも考えたのですが、
あえて本名を作中には出さないことにしました。
名字もありますが、いつかまた機会があれば……



※コマンドミニゲームに関してのご意見が非常に多かったのですが
 お問合せページに既に掲載しているので
 こちらでは割愛させて頂きました。

また、今後もアンケートをお寄せいただけましたら
抜粋してお返事させて頂きたいと思っておりますので
是非ご意見・ご感想などよろしくお願いします~

(個別の返信は行っておりませんが、
 すべて読ませて頂き、システム面のご要望等
 必要あるものについてはAndApp様へも伝えております
 ので、是非ご協力いただけたらと思います)


ジグル
スポンサーサイト