0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

フリゲにおけるバグが怖い話

この記事は広い見聞を元にした分析結果ではなく
あくまで私個人が感じたことをまとめるものですので
その点を踏まえてご覧下さい

――――――――――――――――――――

昨日、ツイッター上でこんなアンケートをしてみました

「個人製作のいわゆるフリーゲームをプレイしていて、
 進行不能ではないけど酷いバグに遭遇したら、どうしていますか?
 想像ではなく、実際に経験のある方のみご回答頂けたらと思います」



結果はこんな感じでした


nonono.png


このアンケートは回答150程度なので
これを「一般的な平均」と捉えるには
信憑性が足りないのは十分承知していますが

だとしても、これが作者にとって
どんなに恐ろしい結果なのか
分かる方には分かると思います。


その理由を語る前に、
何故こんなアンケートを取ろうと思ったのか
きっかけをちょっと書こうと思います。

――――――――――――――――

先日、ある方からオススメをされて
フリーゲームをダウンロードしました。

そのゲームは他にも「面白かった」と
言っている方を何度か見かけたことがあり、
あまり知識を広げようとしない私でも知っているくらい
フリゲ界隈では有名な作者さんの作品でした。

噂にたがわず、面白くて一気に惹き込まれました。
今までプレイしてこなかったのを後悔するくらい。
わくわくが止まらなくて、どんどんプレイしました。

ところが、
プレイ時間が1時間半を超えた頃、
行き詰ってしまいました。

高難易度の謎解きゲーム、冠しておられたので
まあ私の知能で解けるはずがないのだろう…
と早々に諦め、攻略を見に行きました。

すると、そもそも必要なアイテムを
入手していなかったことが判明。
あ、それは解けるはずないですね!

と、攻略ページを閉じ、アイテムがある場所へ
向かおうとすると、戻れなくなっていました。

その時点で、新キャラが仲間になっていたのですが
そのキャラがいると、もう戻れなくなるという仕様でした。

後々、そのキャラとはまた別行動を取れるようになりますが
いずれにしろそのアイテムがないと前に進めないので
要するに、詰んでしまったわけです。



正直、ちょっと混乱しました。

というのは、
必要なアイテムを入手していない場合
先に進めないように対策しておくことは
ゲームとして当然の措置だ

と思っていたからです。

自分が製作するときは勿論ですが、
過去にプレイしてきたゲームでも
必要なアイテムがない・行動を取れていない場合
先に進めないような処置をしておくか、
BAD ENDになるよう作られているものばかりでした。

ファミコンあたりまでさかのぼると
そもそも難易度高すぎてクリアできないのも
当然みたいな節がありますので
あのあたりは置いといてください。はい。



……ま、でも個人の趣味で製作した
フリーゲームだし、デバッグ不足っていうのは
よくあることだよね…………

そう思い直し、
いくつか前のセーブデータを読み込み、
気を取り直してプレイを再開しました。


しばらくそのままプレイを続けましたが、
また謎解きに行き詰りました。
即座に攻略を見に行く私。

そこでは、ある行動を取った後
「AさんとBさんのうち、Aさんを選択する」
という攻略文言が載っていました。

ゲーム画面に目を戻すと、
主人公の目の前には、AさんとBさん。
……うん、どっちがどっちだっけ?

大変残念な事に、
私は登場人物の名前をきちんと
記憶していませんでした。

とりあえず、右に居る人物を調べました。
すると「Aさん」と表示されたので、
迷わずAさんを選択


……Aさんは死亡し
ゲームオーバーになってしまいました。


え……?


だって、攻略ページに
Aさんを選ぶって書いてあったのに…?

信じられず、もう一度攻略ページを見直す。
やはりAさんと書いてある。

ゲームに戻り、
先程とは反対の左側の人物を調べる。
Aさんと表示されました。


つまり、両方ともAさんと表示されてしまっていたのです。

キャラ名表示を間違えているという
致命的な誤字がされていたのでした。


両方ともAさんと表示されていて
攻略見てAさんて書いてあって
先に右の人物調べてAさんて表示されたら
誰だって右を選択するよね!
うん、これは仕方ないな!


…………そこまで思って、
私は不思議になりました。


「漢字の変換ミスや脱字レベルではない、
 こんな重要なシーンでのキャラ名ミスを
 今まで本当に誰も気付かなかったのだろうか?」


そもそも、キャラクターの名前を正確に覚えていれば
始めから左の、本物のAさんを選ぶので
気付かないだけでは?
と思われるかもしれませんが

確認したところ、その作品には
10名を超えるデバッガさんが存在していました。

ゲーム製作経験がおありの方なら
デバッガさんがどんな方々なのか
ご存知だと思います。

自分もお世話になっておりますが、
普通にプレイしただけでは起こりえないような
突拍子もない行動を隅々まで行って
そこまでしなくても!と思うくらい細かいところまで
しっかりチェックしてくださる方が多いです。

個人差は勿論ありますが、
たいていのデバッガさんが
「普通にプレイしただけでは気付かないバグ」を
発見して教えてくださいます。

なので、普通にプレイしていたら気付くバグは
ほぼ100%、ほぼ全員のデバッガさんから
報告が上がってくるわけです。
(本当に凡ミスを毎回申し訳ないです……)


デバッガさんの名前の中には、
知っている別作品の作者さんの名前もありました。
普段ゲームをプレイしない友達にお願いして
とりあえずテストプレイしてもらった
というわけではなさそうです。

その人たちが全員、
右側の人物を調べなかったというのだろうか?

このバグ(誤字)に気付かなかったというのだろうか?


私の頭の中に浮かんだハテナが
だんだん存在感を主張し始めました。


それでも、とても面白いゲームなのには間違いなく、
私はプレイを続けました。

が、また行き詰まり。


攻略を見たところ、また必要アイテム未入手が判明。
そしてまた、その場所へは戻れなくなっている事が判明
=またしても、詰んだ状態。

それに加え、制限時間内イベントで
あるアイテムを正面から調べると
操作不能になるバグ
に遭遇しました
(横方向から調べる事で回避可能ではありましたが…)



……このバグや仕様的な欠陥に
本当に10名を超えるデバッガさん全員が
気付かなかったというのだろうか?

また、私がダウンロードしたのは
初期Verではなく何度かVerUPされているものでした。
更新履歴を見ると、多くのバグが修正されていました。
どうやら、バグを放置するような作者さんでもなさそうです。

デバッガさんのみならず、
私にそのゲームを勧めてくれた人や
この作品を「面白かった」と言っていた方々も
これらの事象に遭遇することはなかったのだろうか?


とても不思議な気持ちになりました。


自分の場合、
対象になっているのは個人製作の無料ゲームなので
明らかに全体的に手入れが行き届いていない
(軽微なバグが多すぎる)ようなゲームについては
申し訳ありませんが、バグ報告はしません


というのは、ただ単に
作者がバグに気付いていないのではなく
バグに対してどう対処していいか分からず
放置している可能性が高い
と考えるからです。
(以前の自分がそうであったように……)
(今もバグの内容によっては対応できませんし……)

先程の作品の例に戻りますと、
過去作の人気度の高さからも
デバッガさんの数からも
何より作品自体のクオリティの高さからも

私が発見したバグや仕様的欠陥について
作者さんがどう対処していいか分からない
なんてことは有り得ない、と思ったわけです。
(確認した所、雑誌掲載などもされている
 かなり人気・注目作品である模様…)


そうなると、「気付いていない」または
「仕様としてわざと放置している」となるわけですが
「詰んで」しまう仕様については
難易度が高いという言葉で
済まそうと思えば済ませなくないとしても、

名前の表示ミスのほうについては
わざと放置と言う可能性は有り得ません。

そうなると……
「気付いていない」
という可能性しか残らないわけです。



必須ルートなのに?
これだけ作りこみがしっかりしているのに?
デバッガさんが10人以上いるのに?
本当にこれに気付かなかったの?

あれだけ作品名を見かけるのに
これまでプレイしてきた人は
本当に今まで誰も気付かなかったの?



その疑問が、
今回のアンケートを実施するに至りました。


ここで、結果を改めて見てみましょう。


nonono.png


はい。そうなんです。
半数の人がバグに遭遇しても教えてくれません。
しかも、そのうち半分の人は
そこでゲーム自体をやめてしまうというのです。

フリゲ作者にとって、これがどんなに恐ろしい事か
製作経験のある方なら多少、気持ちは
分かって頂けるのではないでしょうか……

「そんなバグくらいで、やめたいやつはやめろ。
フリゲの価値はそんなところで決まるんじゃない」
と思う作者さんなら構わないと思うのですが、

私などは
「沢山の人にプレイして欲しいし、
できることなら最後までプレイして欲しい。
プレイしてもらわなければ
そもそも製作・公開した意味がない」
と思っているわけで、

何か酷いバグが残っていて
それを理由にプレイをやめる方が
一定数いて、

酷いバグを発見しても
教えて下さらない方が
一定数いることが

本当に恐ろしいと思いました。



「いやいや、半数は
 バグ報告してくれるって言ってるんだから
 その人たちがいれば安心じゃない?」
と思われるかもしれませんが

今回、私がプレイしたゲームを思い出して下さい。

それまでどれだけの方が
その作品をプレイされたのか分かりませんが、
「攻略に従ってプレイしたらゲームオーバーになる
 致命的なキャラ名の表示ミス」という
かなり酷いバグが残っていたわけです。

配信まもない作品ならいざしらず、
既に数ヶ月以上の時間が経ち
10名以上のデバッガさんがいて
数え切れないほどのバグ修正VerUPがされていて
フリゲ業界に疎い私の耳にすら
その作品名が聞こえてくるくらいの作品です。

バグは、10人中10人が遭遇するものばかりとは限りません。
この、教えてくれない半数の方々にばかり
バグ遭遇率が偏ってしまうということも有り得るわけです。

なんて怖いんだろう。
と、思わずにはいられませんでした。

せっかく頑張って作ったゲームなのに
ほんの部分的な欠陥を理由に
ゲームを遊んでもらえなくなる危険性があるなんて
と。


企業が配信している無料アプリなどで
レビューが荒れるのはよくありますが

それは相手が企業なので
文句を言えば対応するだろうという
プレイヤーのお客様精神が
そうさせているというのもあると思うのです
(勿論、それだけではないと思っていますが)

一方、個人製作のフリゲは
作者がどんな人間か分からないし
報告した所で対応してくれるかどうかも分からないし
個人的にメールするのも面倒臭いし

そもそも、個人が趣味で作っているゲームに
そこまで高望みしていないし
わざわざバグ報告なんかしなくても。
と思う人も、多いのかもしれません。

そこまでじゃないにしろ、
「面白いゲームだから
 バグがあってもご愛嬌だよね」

と思う人もいるかもしれません。



でも、もう一度先程のアンケートを思い出してほしいです。

酷いバグが残っていることで、
それを理由にゲームをやめてしまう人たちがいます


あのアンケートだけで言えば
4人に1人はやめてしまうという結果が出ています。



もし、貴方が
少しでもそのゲームを面白いと思ったのなら
作者さんにぜひ、教えてあげて下さい。


貴方が面白いと思ったそのゲームを
なるべく沢山の人が
快適にプレイできるようになるよう
協力してあげて欲しいです。



もちろん、私のゲームでも
何かひどいバグがあれば
是非教えて頂きたいです。

テストプレイヤーさんや
デバッガさんのお力添えもあって
最近は配信前に気付けるバグが
多くなってはきましたが

やはり、何か酷いバグが残っている可能性も
0ではないと思うのです。


自分も、くだんのゲームをクリアしたら
作者さんに感想と共にバグ報告を行う予定です。

度重なる「詰み」で心が折れそうでもありますが、
こんなに面白いゲームに
こんなバグがあるのはもったいない…!
と思うのです。


――――――――――――


話し出すときりがないので
今回はこの辺りで終わります。

とりあえず、酷いバグがあるって怖い。
というお話でした。


――――――――――――――――


【02/02追記】

本記事は「大きなバグがある事によって
 プレイヤーさんが離れてしまう恐れがあることを
 私はとても怖い事だと思ったので、
 自分と同じフリゲ作者さんに共有して貰えたらいいな」、
「バグに遭遇したプレイヤーさんは
 もし少しでもその作品が好きだと思うなら
 作者さんに協力してあげて欲しいな」
という意図の下に書きました。

アンケートを取るきっかけとなった作品、
その作者さん、デバッガさん、プレイヤーさん、
及び自分自身の作品にご協力頂いている
デバッガさん、プレイヤーさんをはじめ
本記事内で取り上げている方々を
誰一人として、批判・非難するような意図はありません。

そのようなつもりは一切無く、
そういう表現も一切したつもりはなかったのですが、
誤解される恐れがあるのでは?
というご意見を頂きましたので、念のため追記します。
投稿前に何度か読み直しましたが、
そんな風に受け取られる恐れがあるとすら思わなかったので
上記のほかに一切の他意がないことは主張しておきます。

もし、気分を害された方がいらっしゃいましたら
申し訳ありませんでした。


――――――――――――――――


【02/05追記】

作中にバグがあった事例としてあげた作品の
作者様から、まさかのご連絡を頂きました。

記事の内容(バグの詳細)について
お問合せ頂き、詳細な回答をさせて頂きました。

当初は、この記事を読まれたことで
不愉快な想いをされたのだろうかと
はらはらしたのですが、やり取りさせて頂く中で
そうではないことを知り、ひどく安心しました。

思いがけない交流でしたが
同じフリゲ作者として、バグというものについて
お話させて頂くことができ、私が学んだ・感じたことなどを
この記事を読んで下さった方にも共有できたら
と思っています。

有り難いことに、やりとりしたメールの内容について
引用転載しても問題ないと言って下さいましたので、
後日、要点をまとめてブログを書こうと思います。

きちんと推敲した上で公開したいので
しばらく時間がかかりそうですが、
更新まで今しばらくお待ち下さいませ…m(_ _)m



ジグル
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム製作 関連
ジャンル:ゲーム

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR