Giggle Game 制作ブログ

お知らせや独り言などを書き残します

魔法の話

時折見かけるプレイヤーさんの疑問などに
勝手にお答えするコーナーです

ベルとお菓子の家のネタバレを前提とした
小話になりますので追記にて……





ほとんどの疑問については
繰り返しプレイをしていただければ
なんとなく分かるようにしてはあるのですが
それでも「?」と感じられるのであろう部分について
ちょっと書こうかなと思います


今回は魔法の話です。


まず、ハンスとヒースについて。
ハンスは強い魔力を持っていないにも拘わらず
何故ヒースの事はずっと動かせていたの?
という話ですが、多分、
ヒース自身が「ベルを助けたい」という
強い意志を持っていたからだと思います。

ハンス程度の魔力では、
ちょっと言うことを聞かせるだけでも
普通のぬいぐるみなら難しかったようですが、
ベルの「ヒースとは小さいときからずっと一緒に居る」
という言葉を聞いて「こいつならきっと…」と、
直感的にハンスも思ったのだと思います。

ちなみに、おまけシナリオで
ハンスとヒースが会話しているように見える描写がありますが
実際には、ヒースは言語を理解していますが
ヒースの言葉は、ハンスには聞こえていません。

名称未設定-1

次にマルガレーテについて。
マルガレーテはとても強い魔力を持っています。
が、マルガレーテ自身で意図的に魔法を使っているシーンは
ごくわずかで、ほとんどは無意識だったり、
彼女自身が生み出した
「幼少時の自分」(幻影)が魔法を使っています。

ついでに、マルガレーテ自身と幻影は
「壁に染みのある部屋」までは
意志の疎通が一切取れておらず、
ハンスは異空間に閉じ込められたり殺されたり
訳の分からない目に遭うはめになっていました。

マルガレーテがハンスの帰宅に気付いたのは
ピアノのある部屋で、なおかつ
「ハンスが知らない誰かと一緒に居る」ということを、
マルガレーテはここで初めて知ります。

そしてその嫉妬心からマルガレーテは
ベルをハンスから引き離そうとし始めます。
ちなみに、ベルの容姿を思い出すミニゲームクリアから
ベルを異空間へ飛ばすまでややタイムラグがありますが、
これはマルガレーテが
「顔が分からないはずのハンスが、ベルを見つけた」
ということにショックを受けて、しばらく動けなかったためです。
ついでに、まだ自分は「おかえり」も言っていないのに
心底愛おしそうにベルを抱きしめるハンスが
信じられなかったのもあると思います。

このシーン以降は、マルガレーテの幻影は
マルガレーテ自身の意志で動かされています。

名称未設定13

一番よく言われるのは
「何故最後の最後までハンスは魔法を使わなかった?」
ということなんですが、一番の理由は
「妹を殺す覚悟ができていなかった」からです。

以前も書いたような気がするのですが、
END1に向かう条件で「ベルにバウムクーヘンをあげる」
というものがありますが、これはベルの好感度を上げるものではなく
「マルガレーテのことを諦める」という選択肢だと思って頂ければ
なんとなく分かって頂けるのではないかと思います…。

それでも、とりあえず魔法でベルを外に出して
マルガレーテ探して殺せば良かったんじゃ?
と思われるかもしれませんが
それだけの大仕事をいっぺんに出来るかどうか
ハンス自身にも分からなかったでしょうし、
彼の「人間でいたい」という想いが邪魔をしていた
というのも、理由のひとつだと思います。
見ず知らずのベルにさえ、自分が魔法使いであると
悟られたくなかったようです。臆病者ですね。

基本的に、主人公のハンスは
「駄目な大人」を想い描きながら作ったので
随所で情けない姿を見せているのですが、
どういうわけか「イケメン」と評されることが多く

無様でも、強い意志を持って
(ハンスの場合は、家族を大切にしている所でしょうか)
がむしゃらに生きている人は
かっこよく見えるのかもしれませんね。

ついでに、END1でハンスが
「俺に敵うと思うのか」と発言したのは
勿論オオボラですし、
妹に歩み寄る速度が遅いのは
容姿当てミニゲーム失敗時と同様に
空間変移で体力を消耗しすぎて疲れている為です。
なれないことはするもんじゃない、と思っていたでしょうね。


あとこれはとてつもない余談ですが、
お菓子の家の周りに小鳥が寄り付かないのは
ハンスの魔力(無意識)がお菓子の家に宿っているからです。
動物は幽霊が見える、みたいなもので、
魔力を感じるお菓子の家を、動物たちは恐れているようです。



という訳で、今回は魔法についてお話しました。
いかんせん魔法の事なので
私も正直よく分からない部分もあるのですが
物語を理解する手助けになれば幸いです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!


ジグル
スポンサーサイト